Browse Month by 2月 2017
blog

東京でパート薬剤師として働くわたしのぼやき

薬局の待合室でのマナーについて。

病院や薬局は具合が悪い人が来ていますよね。
ですから、待合室のソファはみんなが座れるようでなければいけないと思います。

わたしは薬局に勤務しているのですが、ちょっと気になることがありました。
だいたい付き添いの方は立っているか、外で時間をつぶして来られるんです。
薬の受け取りのために行った調剤薬局の待合室は、それほど広くなく、その割に患者さんは多いので、ギリギリみんながソファに座れるぐらいですから。
予備の椅子も少なかったです。

ですがある日、ある年配の女性が来局しました。
あとから、その年配の女性の家族と思われる女性と、幼い女の子がやってきました。おそらく娘さんとお孫さんなんでしょう。
年配の女性が順番取りに早めに来て、患者は娘さんかお孫さんのどちらかだったんでしょうね。
気になったのは、三人みんなソファに座ったんです。

付添は余程のことがない限り一人で充分だと思いますし、患者でもない人が患者をさしおいてソファを三人で陣取っているのには、どうしても気になってしまいました。
というのも、日帰り手術も多くする病院に併設された薬局なので、通院している患者さんの多くはかなりつらい状態の患者さんが多いのです。

順番取りにくるのはいいですが、順番を撮り終えてバトンタッチしたら帰宅するなど、配慮があってもいいのでは?と思いました。
こういう座席の問題は、なかなか私たち薬局側も言えませんし、利用する患者さんのモラルやマナーが問われると感じました。

東京は人口が多いため、患者さんもいろんな方が来られます。
わたしは最近、こちらを参考に東京都内のパート薬剤師として勤務を始めたのですが、⇒東京でパート薬剤師求人を探す時のコツと注意点※【私の体験談】東京、と一口に言ってもいろんな薬局があるのだと感じました。
患者さん個々人でモラルを守り、席を譲り合ってほしいと痛感します。

また、近所の内科では順番を取るために開院前から行列ができるところがあります。
それはいいのですが、順番取りをしている人が、あとからその家族らしい人が前に割り込んでくるのはルール違反では?と感じてしまいます。
せっかく早くに行って「4番だ」と思っても、前の人の連れが来て一緒に診察を受けることになると5番になるなど、どんどん順番が下がってきてしまいます。

順番取りはバトンタッチするなら文句はありませんが、二人以上診察を受けるなら二人ちゃんと早くに来て順番を取るべきでは?と感じます。
特にひとりひとりの診察が長い病院の場合、順番が一つ後ろになるだけでかなり違いますから。

それこそ、そういう順番取りをスマホ予約なり、個人で予約を入れるようなやり方などを取り入れて欲しいな、と感じます。